看護師の仕事を抱えるうえでの気構え

看護師の仕事はとても簡単だとは言えませんし、別業種と比べても楽な仕事だとは言えません。
時間の自由は効きませんし、命を扱うという責任の重さは計り知れません。急患の対応は大変ですし、夜勤の仕事は避けては通れません。大変な気苦労と難しい患者の健康管理を行う必要がある看護師の仕事を行う上で持っていく心構えは何でしょうか。
看護師は実際に始めてみてからその絶えない苦労に辞めてしまう人も多いです。実際にその必要がある人も、数ある転職サイトの中から、口コミの評判の良い、キャリアカウンセラーの対応が良いとされているところを選んで利用しましょう。


看護師として、人の命を扱う覚悟はあるのか

看護師は人の生き死にと密に接することになります。実際に現場を目撃することもあるでしょう。その時に上手に対応できるのか。それに対応できるだけの覚悟を持っているのか。
手術現場に立ち会わなくとも、人の血を目にする機会が訪れるでしょう。その時にもきちんと凛とした態度を貫けるのか。
患者さんは、医療を行う側が不安な顔色では安心して身をまかせることができません。医療従事者として、たとえ何か心配なことが一つでもあったとしても、患者さんに不安を抱かせないような態度で医療現場にのぞむことが大切です。
患者さんが体を病んでいるとしても、気もちまで病ませてしまうのはいけません。


他の人間関係がおろそかになってしまうかも

時間の融通が利かない看護師という仕事柄、友人、恋人などとの関係性が壊れてしまうことも珍しくありません。もちろん土日休みは望むのが難しいでしょうし、夜勤や急患の関係での残業も多いので定休をもらうのは難しいでしょう。
それでもなお、医療の現場にて長くつらい看護を行えるのか。悪いことばかりを考えているのは決して良くはありませんが、それでも負の一面から目を反らしていては後で苦労するのは自分だということを知っておきましょう。
このような過酷で、体力、精神力ともに辛く厳しい環境下でみな働くのかといえばやはり、医療従事者には医療従事者の仕事のやりがい、魅力があるからでしょう。自分の力添えもあって患者さんの容体が良くなり、後で本人直々の感謝の言葉をもらう機会があれば、苦労もきっと報われるでしょう。
他にも、上司に褒められたり、給料を実際にもらう機会などで感じることのできる喜びは、もしかしたら他の職種で感じることのできるものと似た種類の感動かもしれません。

nuadmin

View more posts from this author